スプリットフィンガード・ファストボール投げ方

フォークボールよりもスピードがあり、落差の小さな変化球です。わかりやすく言うと、握りの浅いフォークボールのことです。

 

フォークボールが空振りを奪うボールであるのに対し、スプリットフィンガード・ファストボールはあくまで打者の芯を外す変化球。打者がストレートと思って打ちにいくと、微妙に芯を外されます。

 

スプリットフィンガード・ファストボールの投げ方はストレートと同じ。握り方はフォークボールの握りを浅くしたもの。縫い目に指をかけないほうが抜けやすくなり、親指はボールを支えます。リリースの瞬間は、人差指と中指の間から抜くようなイメージ。

 

 

07.jpg 

スプリットフィンガード・ファストボールの名前は近年あまり使われることはなくなりましたが、多くの投手が投げています。特に手が小さい日本人の投手はこのボールをよく使います。

 

手が小さくフォークボールを投げることができない投手にとって有効な変化球です。フォークボールと同様に、スピードがあるストレートをもっている投手のほうがより有効です。

佐々岡真司の佐々岡流ピッチングの極意 〜体感速度をアップさせるフォーム作り〜 [SS0001]

あのデーブ大久保氏も大絶賛!元PL学園〜読売ジャイアンツ 橋本清のピッチングノウハウ大公開!

選手がグングン成長する奇跡の投手育成法

【野球】ピッチング・スピードアップ!プログラム